2017年03月26日

ZOMBIEVER

FullSizeRender.jpg

ZOMBIEVER // irregular tile

この配色にピンときたらmotoGPファン。

いかにして自分の好きなものを取り込むか。
それは世間一般に通用しなくてもノープロブレム。
マイノリティな一部マニアが見て『ニヤッ』っとなれば良い訳で。
そこで、この配色。

通称ロッシタイル。
これは速い!


扱いやすさ・・・・・★★★★☆


posted by record hirayama at 21:37| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ZOMBIEVER

IMG_5020.jpg

ZOMBIEVER // TILE

誤解を恐れずに言うと『ゾンビーバー』には元ネタがある。

10数年前のリリース時、そのプラグを初めて見た時のインパクトはハテナマーク。
その後某有名ビルダーがデザインしたと聞いて興味津々。
どんな秘密が隠されとるんや!
その当時、2tone福馬君が持ってたヤツを借りてアクションチェック。
「これ、釣れるヤツや!」

月日は流れ・・・
頭の片隅にあったアイツを作りたい欲望がフツフツと湧き上がる。

『リップ&リアプロップ』

レコードフィルターを通し、何度かサンプルを作ったもの、これじゃなーい!
そのまま投げっぱなしジャーマンを喰らわせて数年・・・。

一寸先はインパクト。
遂に釣りの神様は舞い降りた。
投げっぱなしにされていたブランクを加工し、
リベラのテール部をカットしたものをジョイント。

『フリースインガー』

あとは実釣。
良くできたプラグは答え合わせも早い。
特に弄ることもなくあっさりフィッシュオン!
思い描いたアクションに満足し「次のリリースはこいつやな」と呟く俺。
その後、同じくテスト初登板となる『マチェーテ』投入。
なんということでしょう!
『マチェーテ』が大逆転の猛打賞で『ゾンビーバー』は後回しとなり、
当初の予定から半年遅れてのリリースとなったのである。

最後に言っときますけど、あくまでも「レコードヒラヤマの頭の中では同じライン」
という事なんで、そこんとこヨロシク。

元ネタ?
インパクト!
それもダブルちゃうで、トリプルや!




扱いやすさ・・・・・★★★★☆





posted by record hirayama at 22:18| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

MACHETE

DSC_0133.jpg

ホッピーアワーとトランキーロでノーフィッシュと、さようなら。
小から大まで引っ張ってくるパワーに自信あり。
もうボウズは怖くない!

しかし・・・
RECORD LIFE 2016.6.1
『毎度お馴染みの子バス攻撃にガックリフィッシング。
このまま同じことやってても結果は丸見えなんで新たな戦法を模索中です』


どうする俺?
う〜ん、トランキーロを小バスが釣れへんように長くしたらええんちゃう?
単純明快すぎてアホみたいやけど、とりあえず削ってみる。
ボディは個人的に好みのスレンダーなミノー形状。
長さは長年の経験により導き出された17センチ。


そして・・・
RECORD LIFE 2016.6.6
『答え合わせ完了』

IMG_5448.jpg

IMG_5447.jpg

削った次の日、フィールドテストであっさり釣れる。
ロングダブルスイッシャーでやる繊細なミノーイングゲーム。
オモロイやん。
フッキングは全て前フックにガッツリやし。

さすが僕らのヒーロー、ブラックバス!
あなたの底力、舐めてました。


この釣果に気を良くして作ったのがバレッコ式トランキーロ
その誕生1カ月前の話である。



扱いやすさ・・・・・★★★★☆



IMG_5472.jpg




posted by record hirayama at 22:33| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

ANDRE / GONG

IMG_4472.jpg

2015年9月初旬。
あれはジャイアントな台風接近直前のアンドレだった。
1人で浮かぶ野池フローター。
最初のワンドはノーバイトで今日もアカンのか状態。
台風前の荒喰いとはなんなのか?
次第に雨と風も強くなってきた。

こんな時の最終兵器、それがジャイアントシリーズ。
「人間山脈!」
「一人民族大移動!」
「一人というには大きすぎる。二人といったら世界人口の辻褄が合わない!」
「ガリバーシンドローム!」
レギュラーリリース前のジャイアント『アンドレ』リングイン!
その2投目。まさかのメガバイト炸裂。
その一撃から1時間、バスに襲われまくる俺のジャイアントマシーン。

遂にあのミステリアスな都市伝説に終止符を打つ時がきた。
台風前の荒喰いは存在します!

信じるか信じないかはあなた次第。



扱いやすさ・・・・・★★★★☆


posted by record hirayama at 23:10| GARAGE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

バレッコ式トランキーロ

IMG_4662.jpg

焦らず巻けよ、巻けば分かるさ!
毎度お馴染みトランキーロ!

その派生型がバレッコ式トランキーロ。
バレッコ式ってなんやねん!

まずは本家のバレットクラブを紹介しょう。
と思ったけど、レコードプレイヤーの93パーセントがプロレスには興味が無い事が判明!
気になる方は『BULLET CLUB』でググって下さい。
そのバレットクラブをパク・・・いや違った!
リスペクトした、レコードとプロレスを愛するマイノリティー集団。
それがバレッコクラブ。


IMG_4661.jpg


マチェーテとゾンビーバーのプロトで予想以上に好調で、
改めてレコルド用に作ったリン青銅製小型プロペラの威力にビビった6月。
17センチのマチェーテでこんだけ釣れるんやったら
11センチのトランキーロに装着したら絶対釣れてしまうやん。

そして7月。
WWEの日本公演が開催される両国国技館へ向かう新幹線で、
同行してくれたバレッコ4人衆へのお礼としてバレッコ式トランキーロを、
「迷える子羊たちよ、これで釣れへんかったら知らん!」とプレゼント。

ここからバレッコ軍団ボウズ知らず!
9月には秋のBOSRで57!

そして、更に進化したのがトランキーロ・スクイークなのである。


IMG_4659.jpg


扱いやすさ・・・・・★★★★★





posted by record hirayama at 22:07| Récord de Ligero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

Gong Series

grgong.JPG

GARAGE RECORD // Gong Series

キレてないっすよ!

あまりの人気のなさにガレージレコード生産会議で毎回表面化するゴング問題。

『もう止めようか?』

一部の熱狂的プロレスマニアは喜ぶものの、その受け皿が小さ過ぎてコップから溢れ出るゴング。
それ即ち在庫。
このままゴングはホラーの噛ませ犬のままでいいのか?
あかん。
その小さなコップに向かって全力でラリアートをかましてきたのがレコードじゃないのか?

『数減らしてもええからゴングやりたいんや!』

ゴング無しにガレージレコードを語るのは「クリープを入れないコーヒー」みたいなもんだ。
そんな俺が飲むコーヒーはいつ何時もブラック!
なんやそれ!
結局は好みの問題やん。
じゃあ好きな色塗ったらええやん!
いつかゴングをガレージレコードのど真ん中に立たせてやる!

俺のゴングをトギレさせたらたいしたもんだよ。






posted by record hirayama at 23:03| GARAGE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

Pi-tcik Par-tick

_0013719.jpg

Pi-tcik Par-tick // Kingfisher

ハマる名前は一撃で決まる。

それは淡路へ向かう車中での事だった。
確かおっさん4人でフローターバスフィッシング。

緩い空位で溢れる車内。
誰かが言った。
「次出るレコードのルアー決まってるん?」
『もう作ってるんですけど、名前が決まってないんですよ。
ポッパーなんですけどね』
予想外の展開にそわそわする車内。きたか、これ?
「そのルアーってなんかモチーフみたいなもんあるん?」
『あー鳥っすね。小鳥です!』
やっぱり来たぞ、レコード名付け親選手権!
よーし、俺のセンスでええのんつけたるで!
皆の頭の中に小鳥が飛び回る。
そして、一瞬の沈黙。

「ピーチクパーチク」

あっ・・・

決まったもた・・・。
ボケる間もなく一撃必殺!


ルアーの名前を考える。
それは大喜利なのである。




扱いやすさ・・・・・★★★☆☆




posted by record hirayama at 21:32| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

Hutley's INNERHAND-W.B.

_0013711.jpg

INNERHAND-W.B. // Rotton Limited

ホームランか三振か。デッドオアアライブ。
ロットン永田の玉砕戦法は、時にとんでもない逆転ホームランをかっ飛ばす。

ヒラヤマさん、インナーハンドに塗りませんか?
は?
もちろんスミス社の許可取ってますよ。
玉越さんの?
はい。
塗るだけ?ネームとかは?
塗装してもらったプラグをスミス社に送って、
工場にてネーム入れとリグ組、パッケージまでして貰います。
マジっすか?
塗る塗る。
っていうか、塗らせて下さい!
でもひとつだけ条件がある。
『俺に一個くれ!』

2011年にロットンが企画した「僕らのみずすまし」
あれから5年。
このみずすましの封印は解かれぬまま、僕の手の中にある。




posted by record hirayama at 23:11| Hutley's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

HABANERO

IMG_649.jpg

Habanero // Racing

オチ聞いてから映画見に行くようなもんでしょ?

プラグの扱い方はあなたにお任せ。それは購入者の特権だと思うんですよ。
でも、たまにどんな動きするんですか?
なんて聞かれることがあるんやけど、これが困る。
だって、そこが一番美味しいとこですやん!
もちろん気になるのは分かる。
今度のマッドマックス、オモロイんかな?
なんて友達に話したら浜村淳ばりにストーリーを教えてくれて、ありがとう浜村淳。
えっ、だからってネタバレはアカンでしょうと。
あなたにも身に覚えがあるでしょ?若い頃にアダルティなビデオをレンタルし、
家に帰るまでのウキウキ妄想タイム。ビデオデッキにガッチャン!
なんやねんパッケージと全然ちゃうやん!からの、良いとこ探す現実タイム。
あぁ〜あれね。そうそうあの感じ!ってどんな感じやねん?
まぁプラッガーも色々、タックルも色々、フィールドも色々。
あなたのボール玉が僕のストライク。
映画もプラグも好きなタイプもファイナルアンサーは好みの問題。
このスタンスは今後も変わらないと思うので俺には聞かないで下さい(笑)
ああ〜
ああ〜
ああ〜
ああ〜
ハバネロは関係ない、本文と関係ない。ハバネロは関係ない。



扱いやすさ・・・・・★★★★☆




posted by record hirayama at 22:22| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

WOUNDED CHOKE // UNRELEASED

IMGP0798.jpg

Wounded Choke // Monster

ウエイトオーバーにより弾かれたミラーチョークのブランクを使用して
シャレで作ったシングルスイッシャー「ウンデッドチョーク』
お分かりのように、ザラUのボディを使用したシングルスイッシャー、ウンデッドザラが元ネタで
「ウンザラ」的に「ウンチョー」の愛称で親しまれるも、釣果は及ばず。
もうちょっと軽いブランクでウエイト調整してやれば良いプラグになりそうやけど、
フリスキーとエルパボがある今では出る幕なしかな。


扱いやすさ・・・・・★★★☆☆


posted by record hirayama at 22:02| GENUINE RECORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする